楽天カードを使うだけでちょっとした節約術

楽天カードをまだ作ってない方や持っているけど使ってない方などに最初の一歩の感じで始めるちょっとした
節約をご紹介していきます。
めんどくさがりの人も出来るとこだけでも実践すればちょっとした節約になると思います。
私なりのやり方で無理なく実践できる楽天カードのポイントの貯め方・使い方を説明していきます。

目次

1.楽天ポイントの基本
2.ポイントの支払いでポイントが貯まる
3.一度に使えるポイントに制限あり
4.楽天ポイントの使い方
5.期間限定ポイントの使える種類
6.楽天SPU制度
7.期間限定ポイントが使える加盟店
8.私の使い方
9.まとめ

 


1.楽天ポイントの基本

楽天ポイントには通常ポイント期間限定ポイントがあります。
通常ポイントは有効期限が1年間です。ポイントを最後に取得してからのカウントになるのでポイントを定期的に取得していれば無くなることはありません。

期間限定ポイントはキャンペーンで貰えるポイントやポイントギフトカードなどで得たポイントに利用期限が決められているものです。
ポイントごとに期間が異なります。期間内に使用しないと無くなってしまいます。ポイントを使って買物をした場合は期間限定ポイントの有効期限の短いものから消費されます。


2.
ポイントの支払いでポイントが貯まります。

通常のポイントシステムだとポイントを使って買物した分はポイント対象外のことが多いですが
楽天ポイントは違います。
たとえば楽天カードで10,000円のものを購入した場合。

10,000円クレジットカード払い→100ポイント
5,000円カード払い・5,000円ポイント払いで購入→100ポイント

楽天ポイントはポイントで支払っても通常通りポイントが付きます。
クーポンなどを使用して値引になった分はポイントが入りません。


3.一度に使えるポイントには制限あります。

1回の買物で使える楽天ポイントは3万ポイントまでです。
※ダイヤモンドランクの人は5万ポイントまでです。


4.楽天ポイントの使い方

楽天ポイントは1ポイント=1円です。
楽天市場など楽天の各種サービスや加盟店で利用できます。
通常ポイントしか使用できない。(期間限定ポイントは不可)

①楽天カードの毎月の支払い(1ポイント=1円)
②楽天Edyへの等価交換(1ポイント=1円)
③楽天証券で投資資金として(1ポイント=1円)


5.期間限定ポイントの使える種類

期間限定ポイントは1ポイント=1円です。

①楽天市場での買物で使う。
楽天ペイでの支払いで使う。


6.楽天SPU制度

楽天市場(楽天ブックスなどを含む)での買物では楽天SPU制度があり最大ポイント15倍を狙えます。
楽天市場で毎月5か0が付く日に楽天カードで支払った場合SPU制度でのカード特典を含め

 ・楽天カード:5倍

 ・楽天ゴールドカード・プレミアムカード:7倍

これをポイントで支払ってしまった場合

・全額ポイント払い10,000円→100ポイント

・全額楽天カード払い10,000円→500ポイント

・全額楽天ゴールドカード払い10,000円→700ポイント

楽天ポイントを楽天市場(楽天ブックスを含む)で使うのは損してしまいます。


7.期間限定ポイントが使える加盟店

楽天ポイントを使える実店舗(加盟店)で利用する方法です。(楽天加盟店一覧)
楽天ポイント(期間限定ポイントを含む)を使って支払いをしてもポイントも貯まります。
楽天ポイントを使える店舗はくら寿司、マクドナルド、ミスタードーナツなど普段の生活で使えるお店があります。
期間限定ポイントで支払った場合でも翌日移行に加盟店利用ポイントが入ります。


8.私の使い方

①電気代・スマホ代・ガス代はクレジットカード払いにしてます。(ポイントが1倍で貰える)
②限定ポイントは楽天ペイで加盟店のコンビニで支払います(加盟店ポイント支払いはポイントが付きます)
③楽天市場では5・0の付く日に買い物する様にしてます。(ポイントが5倍になります)
④楽天市場では送料無料で購入します。(送料別はポイント加算されません)
⑤貯めたポイントを月1回くる支払いをポイントで一気に払う。(ポイントで払うことで手元に現金が残る)
⑥楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にする。(ポイント+1倍になる)


9.まとめ

楽天カードは使う人の工夫で節約術が大きく変わってきます。
ざっくり言うと電気・スマホ・ガス代や普段からの買い物は可能な限り楽天カードでクレジット払いをする。
ただし現金で購入した方が安い場合は別です。
限定ポイントは加盟店や楽天市場で使用する。
楽天市場では5・0の付く日に買い物する様にするなど駆使すればまだまだ節約できます。
楽天カードを持っていない方は年会費無料なのではじめやすいと思います。
持っている方は見直しをしてみるのもいいかもしれませんね。
自分が無理なく継続できる節約からはじめてはいかかでしょうか?


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。