モンゴル生まれのマルチな乳酸菌♪L・P・4・3・2♪ヨーグルトの効果はコレだ!!

腸内環境を改善したい!!と悩んでる方に
検討材料の1つとして提案したい!
モンゴル生まれの乳酸菌が入った
LP432ヨーグルトをご紹介していきます。

目次

1.LP432ヨーグルトとは?
2.LP432菌の効果
3.乳酸菌のお話し
4.最適な摂取時間帯
5.まとめ

ヨーグルトの起源は偶然!?基礎知識で健康への理解を高めよう!



1.LP432ヨーグルトとは?

LP432ヨーグルトは南日本酪農協同株式会社から

販売されてるLP432菌を使用したヨーグルトです。

LP432菌は生きて腸まで届く

プロバイオティクス乳酸菌です。

数ある乳酸菌の中でも生きて腸まで届く乳酸菌はわずかです。

私たちがモンゴルの乳製品から選び出した乳酸菌は約2,000株。

その中でも腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを整え

人のからだに有益なプロバイオティクス

効果のある乳酸菌は約20株でした。

LP432菌は、そこからさらに選りすぐられた乳酸菌です。

研究試験の結果LP432菌が胃酸にも胆汁酸にも耐え

腸内にとどまることを確認。

さらにヒトの便の研究からもLP432菌が便中で

元気に生きていることが証明されました。



2.LP432菌の効果

■免疫細胞を活性化

潰瘍性大腸炎の予防

免疫反応によりNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の

活性化を促します(マウスの実験より)。

どの乳酸菌にも免疫力を高める効果があると思われがちですが

実際に研究すると免疫効果がある乳酸菌は一握りであることが分かりました。

LP432菌はその中でも、選りすぐられた乳酸菌です。

■インフルエンザウィルス感染を緩和

マウスをヒト型インフルエンザH1N1型に感染させたとき

普通のマウスは死んでしまいますが

LP432菌を与えると軽い症状で済むことを発見しました。

この効果は免疫力が高まったためと考えています。

■ピロリ菌の増殖を抑制

LP432菌とピロリ菌を同じ試験管内で培養したところ

ピロリ菌の増殖を抑え48時間後にはピロリ菌数を100分の1にまで

減少させることができました。

またヒト胃上皮モデル培養細胞株を用いたピロリ菌接種による

炎症をLP432菌は抑制する可能性も確認されました。

花粉症予防効果

3種類のI型アレルギーモデルマウスにおいて事前に

LP432菌を与えるとアレルギー症状の発症が抑制されることが認められました。

この効果はLP432を摂取した事により体内の免疫系が強化され

アレルギーの症状が発症しにくくなったためだと考えています。

ヘルペス発症抑制

単純ヘルペスウイルス1型感染モデルマウスにおいて事前に

LP432菌を与えるとヘルペス症状の発症が抑制されることが認められました。

この効果はLP432を摂取した事により体内の免疫系が強化され

ヘルペスウイルス感染の抑制もしくは感染後のヘルペス発症の

抑制へと反映されたためだと考えています。



3.乳酸菌のお話し

腸内細菌は加齢によって変動します!

私たちの腸内には、たくさんの細菌が棲んでいます。

そして、腸内の細菌バランスは私たちの健康と密接に関わっています。

一般的に、善玉菌の一種・ビフィズス菌は

加齢とともに減少すると言われています。

ただ乳酸菌などのプロバイオティクスを積極的に取り入れることで

善玉菌を増やすことができ腸内環境が良くなることも報告されています。


腸内環境を整えるには?

腸内環境を整えるためには善玉菌として知られる乳酸菌や

ビフィズス菌のようなプロバイオティクスを取り入れることが大切です。

さらに善玉菌のエサとなるようなプレバイオティクスの

オリゴ糖や食物繊維を一緒に摂取することで

より効果的に腸内環境を改善することができます。



4.最適な摂取時間帯

ヨーグルトを食べるなら一番その効果を

発揮できる時間帯に食べたほうが良いです。

ヨーグルトは朝食時に食べるイメージがありますが、

朝はベストタイミングではありません

ベストタイミングは腸のゴールデンタイムと呼ばれている

午後22時から午前2時の間です。

寝る前、又は食後に摂取したほうが良いと言われています。

その理由は腸の働きが一番活発になる時間帯は夜だからです。

眠りについてから4時間ほどすると乳酸菌などの

善玉菌の働きが活発になり腸内環境を整えたり

老廃物の排出や有害物を減らします。

朝一番でヨーグルトを食べると重要な

乳酸菌が胃酸にやられてしまい期待される

効果がなくなってしまいます。



5.まとめ

LP432ヨーグルトには様々な効果あります。

①免疫細胞の活性化

②潰瘍性大腸炎の予防

インフルエンザウィルス感染を緩和

④ピロリ菌の増殖を抑制

⑤花粉症予防効果

⑥ヘルペス発症抑制

LP432ヨーグルトを摂取するだけで腸内環境が改善

できます。

これを機会に検討してみてはいかがでしょうか?

☆今回紹介したLP432ヨーグルトはこちらからどうぞ☆
            ⇩

 

【関連記事】⇩こちらの記事も合わせて読まれてます⇩

免疫力を高める乳酸菌ならR1ヨーグルト☆効果や摂取の最適な時間や量も教えます♪

内臓脂肪を減少だけじゃない!ガセリ菌SP株ヨーグルトの効果を教えます♪

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。